スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和田VS浮気

あー。あーあー。

どうもお久しぶりでございます。

皆様元気にしておられますでしょうか?

もうここに来てる人なんていないと思いますが(ヽ'ω`)

最後に更新したのが今年のはじめの方ですか?

それから考えると、かなり久しぶり&何をしてたんだ?

という感じになっておりますが、なんとかギータンは生きておりますよ。





「なぜ人は浮気をするのだろうか?」


( ・x・)「なぜ……難しいね。相手に何か不満があったからじゃない?」


「相手に不満があれば、それを直接言えばいいんじゃなかろうか?なんて思ったりもする」


( ・x・)「たしかにね。でもそれがなかなかうまく行かないんじゃない?言っても聞かないとか直してくれないとか」


「そう考えれば浮気をするというのもわからなくもないな。別に俺は浮気が良いとか悪いとかははっきりとは言えない。

たとえば、いつも同じパンを食べてて、ふとしたときに別のパンを食べたくなるのは良くあることだし」



( ・x・)「いや、それは浮気とかは言わないんじゃ?」


「最近は、浮気という単語の軽さもあって、一つのことに集中していて、他のことを始めたりするとを浮気とも言われる。

神と同じ感じだな。簡単に神なんて使えばその価値が下がってしまう。浮気の単語も同じことだ。

もともとは、異性との恋愛関係(本命の恋人)を維持しながら、無断で他の異性と交際することらしい。

浮気の認識は、個人によって大きく変わってくる。手を繋いだり、キスしたり、食事したり、肉体関係をもったり。

以前誰かから聞いたのは、気持ちがこっちじゃなくあっちに行ったら、とも行ってたな。

しかし、浮気をする時点で、あっちに気持ちが行ってると思うけどな。」



( ・x・)「それは確かにそうかも……。でも気持ちは自分に向けてくれてるって思ってるんじゃない?」


「それは浮気をされたという事象を、自分の中で被害を最小限に抑えた考え方だ。

自己満足であり、自己中心的な考えでもある。

自分は大丈夫。あんなことしてても、ちゃんと気持ちは自分優先にしてるって信じてる。

なんて考えだろうか。そんな考えだから浮気されるんだろうな。」



( ・x・)「それはなかなかヒドイね。」


「だがそれも事実なのだよ。

自分へ向けてる気持ちが、他へ移ってしまったら、いったん考えてみる。

自分がそういう接し方をしてしまったのか、魅力がなくなってしまったのか。

はたして、浮気をしてしまった側が一方的に悪いんだろうか?

10対0で浮気をされた側が正しいのだろうか?

最近では浮気が絶対悪的な扱いをされて、浮気をしてしまった側が悪い。

された側は可哀想。浮気する人なんてヒドイだの、最低だの。

そこでふと考えて、もしかしたら自分にも非があるんじゃないんだろうか?

なんて考える人はどれぐらいいるんだろう。

もし相手がそういうことをしたら、怒りくるって、相手の言い分を聞かずに、

自分のことだけを突き立てる。もしかしたら、何か理由があるかもしれない。

相手に迫られた、もともと浮気癖のある人だった。相談に乗っていた等、

まずは相手が自分に対して何か不満なり愚痴があるんだったら、

それとなく聞いてやって自分の良くない部分を見直してみるのも大事ということだ」



( ・x・)「なるほど。まずは話し合えってことだね」


「話し合いは非常に大事ではある。相手が自分に対してどう思ってるかがわかれば、

何かしらの対策もとれる。世間でよくある浮気からの揉め事は、

それができてないからだと思うのだよ」



( ・x・)「なるほど。なんか浮気が悪くないっていう感じだね」


「浮気が100%悪くないわけではない。かといって100%悪いわけでもない。

浮気をするということは、お互いに何かしらの原因があるということだな。

まぁ、浮気をしたという事実は確かに良いことではない。

しかし、冷静に考えて客観的に見ることができれば、その浮気も何が原因なのか、

どこがいけなかったのか、何がいけなかったのかがわかってくる。

こればっかりは付き合ってる二人が解決していくことだな。

いまじゃ、裁判だの慰謝料だのお金で解決したつもりになってることが多いが、

それじゃ何も解決になってないことを分かってないと同じことを繰り返すだろうな」







ということで、久しぶりの更新は和田くんとの話でした。

いや~私も今は実家から離れて、寮住まいなので彼と会う機会もだいぶ減りましたが、

久しぶりに会う彼は、昔と変わらずでした(・ω・`)


ということで私は元気にしております。

職場が工場なので体は結構ボロボロですが、なんとかなっております。

一番実感したのは、やっぱり私には肉体労働が似合ってるかもしれないということでした_ノ乙(、ン、)_

でも休みがあまり無いのがきついかなぁ(ヽ'ω`)


ということで短い感じではありますが、今日はこのへんで。
スポンサーサイト

新しい年ですね(´ω`)

どうもっ!!!



かなりお久しぶりですね。

もうどれぐらいぶりでしょうか。

気がつけば新しい年になってました(゚Д゚)

ということで、


あけましておめでとうございます。





ってもう2月やないかーい(σ゚∀゚)σ




いろいろとなにやってんだという感じですが、私は何とか元気にやっております。

去年の終わりからすごくばたばたしてまして、

もう本当に師走という感じです。

こういう忙しさにはなれてないので、素人丸出して走っておりました。

素走です。すばしりです(゚Д゚)



期間従業員という感じですが、何とか新しい仕事についております。

去年の末で、二回も仕事を切り替えて今の仕事に落ち着く荒技(`・ω・´)

体が追いついてませんでした_ノ乙(、ン、)_



新しいところは工場なので肉体労働で日々筋肉痛と戦っております。

今までパソコン使ってカタカタやってた人間が、いきなり肉体労働になるのは、

なかなかないと思いますが、体がすぐにはついてこないものです(・ω・`)

今も肩と腰が痛いですね(・ω・`) あと目とか。


アリナミンでも飲んでろ、といわれそうですね(ヽ'ω`)



これでも昔運動をやってたので、なんだかんだやっていけるだろうと……。




そんな甘ったれた考えを持ってる自分がいました(ヽ'ω`)


やっぱり普段から体を動かしてないと、いきなりは無理です。

も身をもって感じました。痛感しました。


それでも、一ヶ月以上やってれば、何とかなるもんで(゚Д゚)

立ち上がるときに、イタタタと言うものの、普通にやっております(σ゚∀゚)σ

運動してなかった今までのツケが一気にきてますね('e‘)v





一応資金集めという感じでやっております。

その後のことはまったく考えてないですが、

とりあえず、やっております。




あったかくなったり、寒くなったり、

いろいろありますが、体調にはお気をつけください。

ノロなんちゃらとか、インフルなんちゃらとかが流行ってるみたいですからね。




それでは今回はこの辺で。


ノシ

和田VS犠牲

どうもっ!!!








夏ですね!

っていうか暑いです!!

私は普段引きこもっているので、外に出ようものなら、

左手がもう溶けてます(・ω・`)

てかもう両腕がなくなってます(゚д゚ )




異常気象が各地で起こったりしてりみたいです(;゚,_J゚)

皆さん気をつけてくださいね(・ω・`)

竜巻とか、雷とかどうしようもない感じもしますけど、

安全なところにいくことは大事ですからね(。=ω=)

かなりひさしぶりに更新してますけれども、

何とか元気にしております(・ω・`)


皆さんも体調には気をつけてくださいね。








「世の中には犠牲がつき物なのだよ」


( ・x・)「いつも君は難しいところから入るね」


「俺は何も難しいことはいってない。

君の理解力が非常に問題なのだよ。そんなことはおいといて、

今君が生きてるということは、今まで多大な犠牲をだしてきたということだ。

それは毎日感謝し続けなければならない」



( ・x・)「そりゃ感謝してるよ。毎日感謝しながら生きてるぐらいだもん」



「じゃあ俺にも感謝してるということだな」



( ・x・)「それはないから大丈夫」



「照れ隠しは非常にかわいいぞ。

さて、犠牲についてだが、生きてく上で人は何かしらの犠牲をもっている。

選択を迫られるときがあるだろう。その片方を選んで、

もう片方は犠牲になったのだよ。

それは別に重いことでもなんでもない。当然のことだから。

恋愛についてもそうだな。二人好きな人がいて、片方を選ぶ。

もう片方はその二人の恋愛の犠牲になったのだよ。

つまり何かを選んだりするということは、常に犠牲がつき物ということだ。

現に今も俺たちは、犠牲にしている」



( ・x・)「今は何を犠牲にしてるの?とくに選択とかしてないじゃん」



「相変わらずの頭だな。今は時間を犠牲にしてるじゃないか」



( ・x・)「時間は犠牲にしなくても、常に流れてるじゃん」



「いつからそういうことが決められたのか?

一日が24時間などというよくわからない縛りを作ったのは人間であり、

その枠にとらわれてるのも人間である。

そして、時間が常に流れてるというのは誰が考えたのか?

今しかないとか、そんなアホなナルシストがいいそうな、きれいごとに影響されて、

二人でいる今の時間が大事とか、

寒気がおきて吐き気がするね。

別に一日じゃなくても時間はあるわけで、

それをどうやって、うまく使えば24時間とかで縛る必要はないと思うのだよ」




( ・x・)「たしかに一日24時間っていつの間にか決まってて、それに縛られてる感はあるよね。

それに一日24時間じゃ足りないとかいう人もいるし、

それは自然とそういう決まりの中に縛れてるのかもね」




「生きていく上で、犠牲はつき物になってる。

それを出さないようにするとかじゃなくて、出てしまう犠牲を、

どうやってうまく使っていくかじゃないかと思うのだよ」









ということでかなりまたまた久しぶりですね。

そういえば、お盆のときに、家族でカラオケという始めてのことをやりましたよ。

自分の両親のマジの歌とか聞くことがないため、

すごい新鮮な感覚でもありました。

でもやっぱり思ったのが、

家族と行くのはなんか落ち着かないというか、

友達といくのとはちょっと違った雰囲気でした。

でもやっぱり相変わらず自分の声が苦手です(・ω・`)






( ・x・)「そういえば君は恋愛に関しては一人の子に絞れるの?」


「何を言ってるんだ?そんなのは当たり前だろう」


( ・x・)「それはいいことだね」


「もちろん。今の俺には本命の子が3人いるからな。あとは少しずつ距離を縮めていこうかと」


( ゚ x ゚)「え?3人?普通は一人とかじゃないの?」


「何で本命が一人なんだ?何人いてもいいんじゃないか?俺は三人とも一途に好きなだけなのだよ。

ほかの人に浮気なんかすることはないから安心してくれ」




( ・x・)「あ、はい。そういうタイプでしたか」

和田VS友達

どうもっ!!!








本日もお日柄がよく。

なんて気休めのことを言っても私がいうと、こいつ何か下心があるな?

なんて思われる今日この頃。

いかがお過ごしでしょうか?

今年も相変わらずのスロー更新。

別にわざとなんていうことじゃないのです。



書くという習慣が自分にはなくなってきるんじゃないかと思い始めまして…。

何かしら書くという習慣がないと結局はこういうことも出来ないことに。

なんていまさら言ってもなんやらかんやら。

まずは習慣つけていくのが大事だね。








「君とはずっと友達でいると俺は思ってる」


( ・x・)「いきなりすごい告白ありがとう」


「誤解を招くような感じではあるが、結局俺は好き嫌いが激しいと思うのだよ。

自分の付き合う人を厳選して自分の交友を狭くしてるような気がする」




( ・x・)「それはいまさらじゃないかな?まぁ俺も君とは長い付き合いになってるわけだけど」


「そうだな。もう30年ぐらいになるのかな?結構長い時間を一緒にすごしてきたとおもう」



( ・x・)「ちょっとまって。何か実年齢を大幅に超えてる数字がでてるんだけど」



「たとえというのだよ。長く付き合ってるっていうことを証明するためにだよ。

俺はいまだに19歳だからな。捲簾君は人生の先輩になるからもっとたくさん、

教えてもらうことがたくさんありそうだ」




( ・x・)「長く付き合うって言うなら100年ぐらい言えよ。あと同い年だろう」



「100年じゃリアリティがないだろう。少し控えめにすることでリアリティがでて、

本当なんだぁ。っていう嘘をつくには1%の真実作戦だ。

それは捲簾君の常套手段じゃないか?」




( ・x・)「ちょっとそれ誤解が出てくるじゃん。一応清純派で穢れなしで売ってるんだから」


「それは直接聞いたほうがいいのかもしれないな。果たして…

なんてことはどうでもいいのだよ。最近は友達の基準がいまいちわからなくなってきてる。

口に出していうだけなら簡単だが、はたしてどこまでが友達なのか?

日本には同じような言葉がたくさんある。

顔見知り、知り合い、友達。

場面によってつかいわけるんだろうけどな。

なぜそんないくつも表現がいるのか?

もっといえば、親友と友達と恋人の違いとは?」




( ・x・)「う~ん距離とかの問題じゃない?」



「たしかに物理的な距離ではないだろう。

しかし気持ちの距離ならどれもたいして変わってない気がする。

恋人同士がわかれるときに、友達にもどりましょう。

その友達とはいったいどこまでなのか?

肉体関係があれば恋人なのか?友達なのか?

特別な日を一緒にすごしたら恋人なのか?友達なのか?」



( ・x・)「それは人によるんじゃない?」


「結局はそれでまとめてしまうのが悪い癖だよ捲簾君。

たとえば、友達と恋人がガケから落ちそうになってる場合どっちを助ける?

この場合、そういう状況になるのを未然に防げよっていう突っ込みはなしだ。

どっちがすきか?っていうのを判断するんだろうが、

恋人と友達結局は同じ立ち位置じゃないか?っておもってしまう。

もっとはっきりとした立場になればいいのになとおもうんだけどな」








ということで、皆さんお久しぶりです。

体調は崩してませんか?

最近は昼間はあったかいけど、夜はまだ冷えてますから、

十分に気をつけてくださいね。



彼も久しぶりですね。

日本語は難しいといわれてますけど、たしかに改めて考えたら、

似たような言葉がたくさんあるっていうことに気がつきました。

もっと海外のように、YESかNO っていう感じにはっきりできたら、

いいなぁっていう場面はたくさんあると思いました。

断ったら悪いイメージがもたれそうっていうのが怖くて、

あいまいにしてるところも社会にでたら…なんてことを思った日でした。

子供のころの正直なときが一番よかったのかもしれない(・ω・`)






「たしかにあいまいにしておくことがいい場合もあるが、

はっきりしていた方がいい場面もある」



( ・x・)「たしかにあるよね。どういうところをはっきりさせておきたいの?」


「そうだないろいろあるが、今は捲簾君との関係をはっきりさせておきたいな」


( ・x・)「何それ何か誤解されそうな関係」



「別にお互い同性愛というわけじゃない。今の捲簾君の関係をはっきりさせておくのは大事ではある。

たとえば、俺の中では今君はなかなか上位にいる。

もちろんそれは、好意という意味ではなく、非常に面白い対象としてのことであって」





( ・x・)「ごめん。それ俺ってどういう立場なの?」





「いや別に深い意味はない。ただはっきりさせておきたい部分ではあったので言ったまで。

あとは、俺はあの子との関係をはっきりさせておきたいな。

気持ちの面でも肉体的な面でもな」




( ゚ x ゚)「ごめんそれより、俺がどういう対象かはっきり教えて」






↓白黒はっきりさせるボタン

和田VS嘘

どうもっ!!!






最近、完全に日記の更新を怠ってます(´・ω・`)

すみません(汗)ちょっと今はティーンエイジカンパニーのほうをいじってまして、

どういう背景がいいのかなぁとか。どの文字がいいのかなぁとかいろんなサイトをみて研究しております。

すこしずつですけどこっちの方とも一緒に華やかにしていきたいなって思ってます。







「そういえば嘘には悪いことと、良いことがあるのは分かるかね?」


( ・x・)「そうなの?嘘は泥棒の始まりとかいうじゃん」



「たしかに嘘をつくことは相手を傷つけることになるが、

場合によっては相手を助けることになる。

しかしその嘘もばれたら大きく相手を傷つけることになるがな」




( ・x・)「じゃあ嘘はつかないほうがいいんじゃない?」




「たとえば嘘をついていい気持ちになることがある。

しかしつなかなくて本当のことだとすごく傷つく場合がある。

それなら本当にのことを知らないほうがいいんじゃないか?っていう時、

そういうときは嘘をついたほうがいいよな」




( ・x・)「たしかに、本当のこと傷つくなら、嘘もいいかもだけどね。知らぬが仏っていう言葉もあるし

でも、後から知った場合はかなり傷つくことになるんじゃない?」


「そうだろうな。だがそれがばれなかったら本当のことを知ることはない。

ばれなければ、嘘がその人にとっては事実になる。

人の命にかかわることになればそれは多様されるだろうな」




( ・x・)「どういうこと?」



「もう命は短いが、わざとまだ大丈夫という風にいうことがある。

それは大人でもあるし、子供でもある。

実際の話じゃなくても、映画や小説いろんな場面でそういうシーンが使われてる。

知らなくていいことは知る必要はないのだよ」



( ・x・)「なんか悲しいことだね」



「嘘をつくということは、ついた人にリスクが伴ってくる。

信用であれ、絆であれ、少なくとも何かを傷つけることになる。

しかし、うまくいけば今以上に関係が深くなったり、絆が強くなったりする。

ようは使いようというわけだよ。しかし多用しすぎると人としての信用を失うがな」




( ・x・)「いつも嘘つく人ってなったら、いざというときに信用されなくなるよね」


「ある意味ギャンブルだな。それはそれでいいのかも知れないが、

嘘をうまくつかってこそ、そのギャンブルをするのかもしれない。

どういう嘘をどういう状況で的確に出すか?

それをうまく使える人はおそらく嘘が嘘じゃないんだろうな。

それが本当の真実に見せていくから、相手も信用している。

しかしそういう人がちょっとした亀裂で、崩壊していくことも多い。

人生が嘘の塊である捲簾君は、はたしてどこまで嘘を貫きとおすのか?」



( ・x・)「どういうことかな?嘘はついてるつもりないけどね」


「人とは必ずどこかで嘘をつく。それはチャラけた場ではなく、

まじめな場でも。それをいかに本当かどうか見せるかで、

その後を左右するんじゃないかと俺は思ってる。

真実かどうかは本人にしかわからない。

ようはいったもの勝ちっていうことなんだろうな。

自分はまっすぐ正直にいきてます!

っていう人でもそれが本当かどうかなんてわからんものだ。

結局は確かめる方法ないんだからな」














ひさしぶりですね。

そういえば今年も残り少しですね。

宝くじはかいましたか?

クリスマスは楽しくすごしましたか?

私はなかなか楽しめました。

一人でっていう意味ですけど('Д`)




「俺は本当にまじめに正直に生きてると思うのだよ」


( ・x・)「それは完全に嘘じゃん」


「なぜそう思うんだ?確かめる方法はどこにもないのに」


( ・x・)「たしかにないけどもう、存在がそう訴えてるよ。オーラとか。雰囲気とか」



「それは心外だ。俺は正直すべてを話してる。結局嘘っぽく聞こえるかもしれないが、

それは本当だと俺は思ってるのだよ。だからいつもあの子が俺のことを考えてくれてるように

俺もあの子のことだけを考えてるのだよ」




( ・x・)「世界の女は俺のものだって言ってたじゃん」


「それはたとえなんだと。俺は女性は大好きだ。それは変わらない。

しかしあの子だけとか限定しては申し訳ない。

なので、俺はすべての女性に対して一途なわけだよ。

ということで俺は浮気をしてはいない」





(゚д゚)







↓もう何が本当やら('Д`)


プロフィール

捲 簾(ギータン)

Author:捲 簾(ギータン)
ラグナロクオンライン
リディア鯖にてマッタリと過ごしてます捲簾といいます。
たまにギーさんやらギータンとも呼ばれてます( ゚ x ゚)

最新記事
FC2カウンター
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してみましたヾ(゚ ω ゚)ノ゛

FC2Blog Ranking

Flashリバーシ
by Orfeon
本日の残り時間~カジュアル版~
楽天ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。